NEWS

2017.4.5

近況報告

S__21577739マレーシアでの決勝戦後すぐにアメリカへ飛びました。

約1日がかりの移動で試合会場に到着したのは試合2時間前、身体も頭も疲れていたはずなのに自分でも驚くほど集中をしていてベストパフォーマンスができました。

身体が疲れているときは気持ちで、心が疲れているときは身体でと自分をコントロールすることができ、とても大きな収穫だったと思います。

その反面、自分が望むような結果が得られていないのも事実で、その原因は試合で自分の持っているものを引き出せずにいるからだと考えています。

WTAツアーでは様子見をしている時間はなく、試合開始からトップギアでいかなければ一気に引き離されてしまいます。

それを踏まえて、 ”ファースト20分の集中力” (最初の20分でいかに集中して相手を引き離せるか)を意識して練習しています。

「課題がたくさんあるということはまだまだ上達できること」だと思うとわくわくします。

一つ一つの課題としっかり向き合って1試合でも早く自分の望むパフォーマンスができるように頑張ります。

OTHER NEWS

  • 近況報告

    2017.10.8

    近況報告

    9月は3大会に出場し、3大会ともに負けた選手が活躍するというとても悔しい経験をしました。ですがそれと同じくらいの大きなモチベーションももらいました。 東京の大会で同世代の...
  • 近況報告

    2017.8.4

    近況報告

    ウィンブルドンから帰国してから新たにフォアハンドとの改善に取り組みました。 フォアハンドは早く低いボールにうまく対応出来るようにテイクバックを小さく、サーブはスピードと安...
  • 近況報告

    2017.7.1

    近況報告

    クレーコートシーズン最大の目標であった全仏オープンは、シングルス1回戦、ダブルスベスト16という結果に終わりました。シングルスはなかなかシード選手の壁を越えられません。 毎回...
PAGE TOP